FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
肉をくれ・・・もっとフレッシュな肉を !!
fresh_20090215224134.jpg

ほう、朝の女児向け番組にゾンビは出ぬと申すか・・・
【※コラではありませぬ】
zommbie.jpg

【ついカッとして合成させた】
キュア・オブ・ザ・デッド
(♪BGM 映画【ゾンビ】より)

自分でやっててなんだが意外と合ってて吹いたw
無駄にカッコいいゴブリンの音楽と相まってホンマ初代は色んな意味でハードコアやで!!
こうなってくると他のプリキュアとゾンビを掛け合わせたくなるのが人の常かと・・・

だ~けどおとなは~♪

エロはだめッ!!
 Y太はダメッ!!

ってなんでもかんでも怒るんだ~♪
(妖怪人間風に)
うるせーッ!
なので本日はBDのそんな反骨精神(パンク)の現われとなった日記ですがグロとかエロとかゾンビとかそんな話が苦手な人は回れみぎッ!!
マスカキやめッ!!
以下はそんなおはなし


【ぼくはフレッシュについて時々考えます】
ほんなこんなで第三話目にもなりましたフレッシュなんですが・・・
やっぱな~んか違うんだよなぁ~!!
つか、元々考えてたのが以下のお話なんですが、そもそも第一話が”アレ”だっために急遽お蔵入りしてたのが本日の第三話目を見てネタの墓場に入れてたのを復活させました・・・それこそゾンビのごとく!!(うるせぇ)

【フレッシュプリキュア 番組宣伝】

あたし桃園ラブ!!
ある日、人気ダンスユニット“トリニティ”のライブを見に行ったんだけど
その会場に大ケガした人があらわれていきなりスタッフの人にかみついたの!!
そしたらかまれたスタッフの人もほかの人たちにかみついて、
さらにかまれた人がまたまた他の人をかんだの!!
会場はもう大パニック!!
あたしはあこがれの”トリニティ”のミユキさんと一緒に逃げ出したんだけど
逃げこんだ先の教会でミユキさんといっしょに火炎びんを作ってたら
わぁッ! 中にも変な人がかくれてたッ!!
たいへん! ミユキさんが腕をかじられちゃった!!
miyuki.jpg

しししし、しかも外には変なのに取り付かれちゃった人がいっぱい!!
hennna.jpg

大ぴ~~~んちっ!!
そんなとき私の前にあらわれた言葉をしゃべるへんな動物シフォンとタルト。
この子達が言うには死霊の世界からやってきたあいつらの目的は太古に封印された禁断の書物、『エイボンの書(しょ)』をつかって地獄(じごく)の門を開く事なんだって!!
えぇぇ~っ、そんなことされたら私たちの世界が大変なことになっちゃう
えっ、なになに私も伝説の戦士『サンゲリア』に変死・・・じゃなかった
変身して戦うの???

おもしろそう~ッ!

でもでもでも『サンゲリア』だとかわいくないから、
わたしたちの事は”プリティ”な『サンゲリア』
略して『プリキュア』って呼んでね☆

幸せ・・・ゲットだよッ♪
flesh.jpg


と、まぁこんな風に予想してたんですけどネ☆
ともすればもの凄い人体破壊描写が(以下略)

【挿絵】
sanngerua.jpg


『い、いや・・・お願い・・・たすけて・・・』
破壊されたドアから飛び出した腕に髪の毛を掴まれたイース。
徐々に徐々に迫り来る眼前の木片に、涙をうかべ許しを請うも
ピーチは恐ろしいまでの力で髪の毛ごと頭を引き寄せた・・・
文字通り”目の前”に鋭く尖った木片がチリチリとにじり寄る。

”悪いの、悪いのとんでいけ”
 ”悪いの、悪いのとんでいけ”
地の底から這う様な、まるで呪詛のようなそんな声を
イースは聞いたような気がし――『幸せ・・・ゲットだよ!!』

”グイッ”
<小説版~『プリキュア達の夜明け』より~>


ハァハァ・・・ハァハァ・・・
変態BDが興奮してまいりました!!

(BDさんはそろそろ脳天撃ち抜かれて死ぬべきだと思います)
[2009/02/15 22:47] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
『ふっ、むち狐は沙夜だけのものじゃない !!』
1061956361_29.jpg 1061956361_185.jpg 1061956361_225.jpg



こうですか!! 解りません!!
でも”誰か”ってのはジュリアナロリババァの事ですね、解ります。
(どっちやね)
前回の日記(むち沙夜による零児虐め)にてマイミクの公爵夫人さんより『むちむちになった小牟』的なカキコを頂きまして、紆余曲折の結果こうなりました。

たとえば
 こんな
  かんじ? (画像1)

ほんでロリババァこと世界のシャオムゥさンですがロリババァからデカちちデカけつのむちムゥに進化(ポケモン)する希望が出てきたところで・・・

『どうじゃ零児ぃ~
 ワシかて将来こんな姿になるやも知れんぞ?
 そうなったらどうする、どうするぅ~
『・・・どうもせんが。』
『”!!”』
『それにたとえこうなるとしてもあと何百年後の話なんだ?』
『ぅぅう・・・なんじゃい、なんじゃい零児のアホーッ!!
 そんなにむちプリが好きならとっとと沙夜の所にでもいけば良いん
 じゃぁ――ッ!!』
『・・・なんでそうなる。』

ほんで痴話喧嘩の後に零児が『どんな姿でもお前はお前で何も変わらん』的な発言して。
『んもぅ、零児めェ・・・恥ずかしいヤツじゃのぅ
『・・・懐くな。』

みたいなやり取りするね!!
コイツ等絶対するね!!(勃起させながら)
ほんでその頃極めて近くそして限りなく遠い世界では・・・


『キョウスケ・・・わたしエクセレンみたいな”むちぷり”になりますの。
 ・・・待っていて・・・ください・・・ね
『んふふ~、ムチプリ美女が二人で大変ねぇキョウスケ~♪』
『・・・・。』
『あらん?でもお嬢ちゃんが私になるってことは・・・私は・・・
 レモンお姉さまみたいなハデなオバさまになるのかしらん???』
『・・・どうでもいいがくっ付くな。』








宇宙は・・・(それはもう良い)
[2009/02/09 21:20] | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(1) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。